2019年JGC→JGP修行

【2019年JGC修行・マレーシア】マレーシア航空ビジネススィートに乗る前にラウンジへ。

修行王道のクアラタッチしておかないと!!

オカマニラのJGC修行につぎ、王道のクアラタッチを修行で入れました。
ただ、単純にクアラタッチしてもなぁ…
そんな時にマレーシア航空のセールをしておりましたので、せっかくならばマレーシア航空に乗ってみよう!
FOPは1.5倍にはなりませんが、セール運賃なのでコスト的によかったのもあり、もちろんビジネスクラスで予約をしておりました。
マレーシア航空のビジネスクラスを購入したら、上位クラスのビジネスファーストへの入札形式アップグレードオファーがメールでやってきました。
最初はビジネスクラスを予約したんだし、一応修行だし単価も考えなきゃだし…
スルーをしておりましたが、ある日、食事をしながら友人H氏にこんな事を言われてしまいます。

りえ
りえ
ビジネスファーストの入札オファーきてんだけど、Hならどうする?
H氏
H氏
入札どうする?って聞いた段階でもう入札するんじゃないの?安くファースト乗れて万々歳違う?
りえ
りえ
付き合い長いだけあるね。さすがよ、H。

心を見透かされているようでした(笑)
そこまで、単価も確かに気にしていましたがそこまで神経質にもなっていませんでしたしね。
背中を押してくれた友に感謝です。

修行と言う言い訳のファースト乗りたい旅のはじまりで、成田空港で浮かれてこんな写真撮ってる。


素直にファーストクラス乗るのにうかれポンチですって言えばいいのに、FOP稼ぐのに単価高いじゃない?とか思われがちですが、乗りたいんだから仕方ない。だからアップグレード入札してしまったんだもの。
でもいいの、クアラタッチだし他はお金かかるような事そうする訳ではない。楽しんだもの勝ちとね。
勝ち負けそもそも関係ないんですが(笑)

中国東方航空とロゴマークがちょいと雰囲気にてるなで激写したんですが、中国東方航空もチャイナエアラインもスカイチーだったよね。庶民の味方、俺たちのスカイチームだったはず。

夏休み中なので人が結構いました。そしてお約束のフライトボード見てテンションあがっております。

私も修行してここのカウンター使ってやるぞと意気込みながらも、MHのカウンターへ一直線。

はしっこだけど…Rの文字でちょっとテンション上がってしまう、単純な女がここに。

やっぱり、アウェイですからね…はしっこの方です。
でも、「R」も何かのご縁と単純に自分のイニシャル好き(きもい)私なので足取りが軽いもんです。

あぁん…完全に浮かれてるのが自分でもわかります。全然関係ないんですが、コタキナバルはKKっていうんですよね?たしか。

カウンター空いています。早くきたもんでね。

ちゃいち~の文字で、ビジネススィートルームの文字が。
ワンエメの方もこちらでチェックインできるんですね。

やっぱり、特別感をかもしだしてくれてるMH頑張ってる。
ワンエメの方とビジネススィート、ビジネススィートといいますが、一応位置付けではファースト。
初、マレーシア航空。もう、わくわくが止まりません。
こちらはJAL専用なので入れず…修行したらつかいましょ。

こちらを使わせていただきました。長蛇の列を見ていたのでありがたかったです。

JALファーストクラスラウンジの壁は高かった。

ビジネスファーストは、マレーシア航空のファーストクラスの位置づけなので、うっすらとJALのファーストクラスラウンジいけるのかな?と思い、ドキドキしながらラウンジのカウンターでチケットを渡すと…
「サクララウンジへどうぞ~」の声。
え?
1か月前にビジネスファースト乗ってた方は、ファーストラウンジ案内されたってブログに記載されていた方は、ワンエメの方かな?と思い聞かせ。
そのうち…JALファースト乗るから待っててね。と言い聞かせ。
サクララウンジにちょっとテンション下がり気味で潜入。

あ、入る前にひまわりだ…って写真撮ってたな。(遠い目)

もう、お腹すきすぎてこれからファースト乗るのにがっつり食べてます。
と、言いながら搭乗の約2時間半くらい前。

夏休みシーズンでサクララウンジがすごい人で全然ゆっくりできないので、腹を満たしたらとっとと退散します。
食い逃げしてごめんなさいね。
成田のキャセィのラウンジはしょぼいの声をよく聞きますが、お腹いっぱいなのでどうでもいいです。
空いている方が私には快適なのです。
プライオリティパスでは入れるわけがありませんよ。
的な注意書きが地味にじわじわきてしまいました。
そら、エミレーツさまのラウンジにプライオリティパスなんぞで入ろうとしたら、もうおしおきされちゃいそうですよね。なんて。

キャセイのラウンジにおじゃまします。

成田のキャセイのラウンジはしょぼいとかいう方多いですけど、いいんです。
空気薄くなってしまうんではないかい?レベルのド満席状態のサクララウンジだったので、少しでも空いている所でゆっくりしたかったのです。
それにしても、私はロゴとかが大好きなのでついこういう所、カメラむけてしまいます。

ソフトドリンカーな私にはこの缶が大量に並んでいるのにテンションあがってしまいます。
サクララウンジでわんさか食べて、腹パンですがドリンクはいただきたいのです。

腹パンとわかっていても、チーズとかサーモンとか好きなもの見るとウキウキしてしまうと言う…

ヨーグルトは怯えて食べれません。
機内でお腹ぐるぐるして、おおきいのするのはちょっと抵抗ありすぎなのでね。

お紅茶たちも数種類スタンバイしていますね。

お腹いっぱいというのに、サーモンやチーズをもってきちゃう食いしん坊がここにいます。
トニックウォーター大好きなのでいただきます。

壁高かったファーストラウンジ、いつか鮨食べにいきますね。
なんて、このころ思っておりました。
サテライトのラウンジまでホッピングする事はなく、おとなしく搭乗時間を待ちゲートに向かいました。

いよいよ、まちにまった初マレーシア航空、そしてデビュー戦がテンションあがる、ビジネススィートでの搭乗になります。